産経ニュース

【解答乱麻】慰安婦誤解、独り歩きの責任の一端は「朝日」にあり 明星大教授・高橋史朗

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【解答乱麻】
慰安婦誤解、独り歩きの責任の一端は「朝日」にあり 明星大教授・高橋史朗

 ジュネーブで2月16日に開催された国連女子差別撤廃委員会の対日審査会合で、外務省の杉山晋輔外務審議官が慰安婦問題についてのオーストリア出身の委員の質問に対して、朝日新聞の誤報が国際社会に大きな影響を与えたとし、「『20万人』との数字のもとになったのは、通常の戦時労働に動員された女子挺身(ていしん)隊と慰安婦を誤って混同したことにあると自ら認めている」と指摘した。

 これに対し朝日新聞は18日、外務省に申し入れ文書を提出し、朝日誤報の国際的影響について「朝日新聞の慰安婦報道を検証する第三者委員会」の林香里委員らの「国際的影響はなかった」という見解を引用して、杉山発言が「根拠を示すことなく」行われたことに抗議した。

 また、「弊紙は20万人という数字について、女子挺身隊と慰安婦の混同がもとになったとは報じておりません」とした。

「ニュース」のランキング