産経ニュース

【中国トンデモ事件簿】上海のタクシーは怖すぎる…運転手が乗客の妊婦を強盗殺人 その陰惨な手口とは…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【中国トンデモ事件簿】
上海のタクシーは怖すぎる…運転手が乗客の妊婦を強盗殺人 その陰惨な手口とは…

タクシーに乗り込む乗客(※記事と写真は関係ありません)=2015年12月、北京(ロイター) タクシーに乗り込む乗客(※記事と写真は関係ありません)=2015年12月、北京(ロイター)

 旧正月の春節を間近に控えた中国・上海で、タクシーを舞台にした凄惨(せいさん)な強盗殺人事件が発生した。従来の犯罪事例と異なるのは、犯人が乗客でなく、運転手だった点だ。殺害されたのは妊娠3カ月の女性で、事件は社会に少なからぬ波紋を呼んだ。

 上海のニュースサイト、「澎湃」の報道などによると、事件が起きたのは、上海では珍しく雪の降る1月31日の夜だった。

 市南西部の閔行区で、友人らとの夕食を終えた女性(29)は午後7時40分ごろ、タクシーで帰路についた。だが、その途中、道順をめぐって運転手の男と口論になった。

 男は逆上し、女性に持っている銀行のキャッシュカードと暗証番号を出すよう脅迫。女性はやむなく従ったものの、男は停車することなく、そのまま走行した。

 しばらくしてタクシーを路地に止めた男は、後部座席に移動し、女性の口を手でふさぎ、首を絞めた。息をしなくなったのを確認すると、女性の口にテープを貼り、両手をロープでしばって、後部のトランクに押し込んだ。

 女性の夫は、妻がなかなか帰宅せず、携帯電話も通じないことについて、当初は気に留めていなかった。春節前の友人らとの集まりが長引くのはよくあることで、携帯も充電がなくなったのだと思っていたからだ。

「ニュース」のランキング