産経ニュース

【クルマ人】「アルト ワークス」が15年ぶりに復活 「ファンの期待は裏切れない」…スズキ四輪技術本部の水嶋雅彦さんが思い語る

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【クルマ人】
「アルト ワークス」が15年ぶりに復活 「ファンの期待は裏切れない」…スズキ四輪技術本部の水嶋雅彦さんが思い語る

アルトワークスは手首の動きのみで変速できる「ショートストロークシフト」を採用し、マニュアル車の操る楽しさをアピールしている アルトワークスは手首の動きのみで変速できる「ショートストロークシフト」を採用し、マニュアル車の操る楽しさをアピールしている

 スズキが昨年12月に発売した軽スポーツ車「アルト ワークス」が注目を集めている。主力軽「アルト」の派生モデルとしてターボエンジンを搭載し、5速マニュアルを設定してクルマを操る楽しさや走行性能を追求した。平成12年まで約13年間で約26万6000台を販売した人気車種の復活となる新型車について、開発を指揮した水嶋雅彦氏に聞いた。

 --復活の経緯は

 「昨年3月にアルトの派生モデルとしてターボエンジンを搭載した『ターボRS』を発売し、好評だった。ただ、顧客から『マニュアル車を追加してほしい』という声とともに、『ワークスを発売してほしい』という反響が予想以上にあった。当初はターボRSへのマニュアル車の追加を考えたが、どうせやるならば走行性能を追求したワークスをつくって楽しんでほしかった」

 --開発のポイントは

 「かつてワークスに乗っていたファンの期待を裏切れないので、まず加速感を最優先にした。ターボRSよりもトルクを高め、アクセルを踏んだら加速感を感じられるようにした。また、操作を楽しむスポーツ車の醍醐味(だいごみ)として、肩を動かさずに手首で変速できる『ショートストロークシフト』を開発した。足回りもサスペンションは専用のチューニングで踏ん張りがきき、コーナリングの楽しさを最大限に味わってもらえる仕上がりだ」

このニュースの写真

  • 「アルト ワークス」が15年ぶりに復活 「ファンの期待は裏切れない」…スズキ四輪技術本部の水嶋雅彦さんが思い語る
  • 「アルト ワークス」が15年ぶりに復活 「ファンの期待は裏切れない」…スズキ四輪技術本部の水嶋雅彦さんが思い語る
  • 「アルト ワークス」が15年ぶりに復活 「ファンの期待は裏切れない」…スズキ四輪技術本部の水嶋雅彦さんが思い語る
  • 「アルト ワークス」が15年ぶりに復活 「ファンの期待は裏切れない」…スズキ四輪技術本部の水嶋雅彦さんが思い語る
  • 「アルト ワークス」が15年ぶりに復活 「ファンの期待は裏切れない」…スズキ四輪技術本部の水嶋雅彦さんが思い語る
  • 「アルト ワークス」が15年ぶりに復活 「ファンの期待は裏切れない」…スズキ四輪技術本部の水嶋雅彦さんが思い語る

「ニュース」のランキング