産経ニュース

【アップルVS町工場訴訟】アップルの経営戦略に打撃必至! コア部品のサプライヤーは日本企業

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【アップルVS町工場訴訟】
アップルの経営戦略に打撃必至! コア部品のサプライヤーは日本企業

 米アップルは自社工場を持たず、優れた部品の組み合わせで革新的な製品を生み出してきた。島野製作所との訴訟は、アップルにとって本来、極めて重要な下請けとの関係に摩擦が生じるケースがあることを示している。「iPhone(アイフォーン)」などへの部品供給に、日本企業は大きな役割を果たしており、今回の中間判決がアップルの経営戦略に与える影響は決して小さくはない。

 アップルが公開する上位200社の「サプライヤーリスト」。2015年版には約40の日本企業が名を連ねる。企業数は中国に次ぐ2位とみられるが、日本企業は特に重要な部品を提供している。

 公式には明らかにされていないが、アイフォーンのカメラに搭載され画像処理を行う半導体はソニー、手ぶれ補正用の部品はアルプス電気、電気を蓄えたり放出したりするコンデンサーは村田製作所などが、それぞれ供給しているとみられる。また、日本企業の約3分の1は非上場だ。

 苛烈ともいえるアップルの下請けへの対応は度々、話題に上る。

 島野の主張によると、アップルは島野が開発した部品を他の企業にも造らせ、コスト削減を迫った。ある部品メーカーの幹部は「こうしたアップルの手法で倒産した会社を見てきた」と憤る。

このニュースの写真

  • アップルの経営戦略に打撃必至! コア部品のサプライヤーは日本企業
  • アップルの経営戦略に打撃必至! コア部品のサプライヤーは日本企業

「ニュース」のランキング