産経ニュース

【衝撃事件の核心】川崎中1殺害の法廷で遺族は少年たちの残酷な手口に嗚咽を漏らした 「怒りよりも耐えられない…」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
川崎中1殺害の法廷で遺族は少年たちの残酷な手口に嗚咽を漏らした 「怒りよりも耐えられない…」

 「怒りよりも、耐えられない」と母親は嗚咽を漏らした。川崎市の河川敷で昨年2月、中学1年、上村(うえむら)遼太さん=当時(13)=を殺害したなどとして、殺人と傷害の罪に問われたリーダー格の少年(19)の公判では、上村さんの首を切りつけて真冬の川を泳がせる行為を繰り返した末、瀕死の状態で放置するという残酷な犯行状況が明らかになった。父親は「敵をとってやりたい」と憤るが、弁護側は「矯正は十分可能」と情状酌量を求めている。判決は10日、言い渡される。

 「遼太が亡くなったのは末っ子の誕生日です。この先、末っ子の誕生日がくる度、つらいです」。4日、検察側の席で意見陳述に立った母親は声を震わせ、目頭をハンカチで押さえた。

 裁判で示された写真で初めて、遺体の傷を見た。全身に刻まれた切り傷43カ所のうち31カ所は首に集中していた。「首、腕、足、体のいたるところにあるのをみて、怒りよりも『どれだけ遼太が辛かったか』『どれだけ苦しかったか』を思うと耐えられない。くだらない理由で何で…」。法廷に嗚咽が響いた。

「ニュース」のランキング