産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】説明会解禁前にやっておけばよかったこと

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
説明会解禁前にやっておけばよかったこと

解禁日が再び変更されたが、早め早めの準備が勝機を呼ぶ=昨年3月に東京・有明の東京ビッグサイトで開かれた合同会社説明会(古厩正樹撮影) 解禁日が再び変更されたが、早め早めの準備が勝機を呼ぶ=昨年3月に東京・有明の東京ビッグサイトで開かれた合同会社説明会(古厩正樹撮影)

 2017年卒の学生は、就職活動を進めていく際にインターンシップが重要であることは理解していると思います。そのため多くの学生は、希望する業界や企業のインターンシップに参加しています。内定塾のセミナーでもインターンシップに参加したかどうかを学生に問うと、約9割の学生が参加したことがあると回答しています。そしてそんな学生が現在抱えている問題が「できる限りのことはやっているが、3月までに何をしたらよいのか分からない」ということです。そこで本日は2016年卒の学生が就職活動を振り返り、就職活動が解禁になる1カ月前に取り組んでおく必要があることを紹介します。

OB・OG訪問

 OB・OGと会うことでホームページや説明会では得られなかった情報を聞くことができるため、OB・OG訪問は大変重要になってきます。「OB・OG訪問は説明会に参加して興味が湧いたらしてみよう」と考えている学生が多いと思います。しかし、広報活動が解禁になると予想以上に忙しくなります。実際にOB・OG訪問に行きたかったものの、選考や説明会が重なり行けなかった学生も多くいました。特に2017年卒の学生は説明会解禁から選考解禁までの期間が短いため、一日に何社もの説明会や選考があり、興味が出てきた企業全てのOB・OG訪問が実施できない可能性が出てきます。今時点で興味のある業界や企業があれば進んでOB・OG訪問を行いましょう。

「ニュース」のランキング