PR

ニュース プレミアム

【iRONNA発】慰安婦日韓合意、私は総理に「反対」を伝えた 作家、国家戦略アナリスト・青山繁晴

 日本と韓国が慰安婦問題で合意したのは昨年暮れ。以来、安倍晋三首相の歴史的な決断を疑問視する声が支持層からも上がっている。「首相には失望した」「もう支持をやめます」…。インターネット上では今もこんな不満の声がくすぶる。総理、日本にとって、慰安婦合意は本当に良かったのですか?

 私は日韓合意の直前、これに明確に反対であることを安倍総理にお伝えした。何らの権限もない一民間人であるが、合意すれば安倍内閣はその使命を遂行できなくなるとお話しした。

 岸田文雄外相は少なくとも日韓交渉においては、空っぽとしか言いようがないほど、外務官僚に対しても総理に対しても、ただのイエスマンだった。むろん、交渉を操った外務官僚にも決定権はない。つまり、最後は安倍総理ただ一人の決断に掛かっていた。

 私は長年、韓国民のみなさんに向けて発してきた問いがある。「慰安婦をめぐって韓国の政府や反日団体が主張していることは、それこそ韓国の大切な名誉と未来の世代を傷つけていませんか」

 幼い頃から、真っ赤な嘘を刷り込まれてきたみなさんは多くが怒って、強く否定した。しかし、私はただ、日本の主張をぶつけようとしているわけではない。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ