産経ニュース

【大学野球通信】見送られた東都リーグ改革案、1、2部統合実現に高いハードル、妙案は…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【大学野球通信】
見送られた東都リーグ改革案、1、2部統合実現に高いハードル、妙案は…

白熱した昨秋の東都大学野球1部・2部入れ替え戦、駒大対東洋大。統合が実現しない理由の1つ 白熱した昨秋の東都大学野球1部・2部入れ替え戦、駒大対東洋大。統合が実現しない理由の1つ

 東都大学野球連盟が検討してきた今春からの1、2部統合が見送られた。1月14日に行われた加盟校の監督やOBらで構成する臨時の運営協議員会や理事会では、統合に伴うデメリットを指摘する意見が噴出。今秋以降の統合を含めたリーグ改革の議論は続けていくが、統合に限れば実現へのハードルは高い。

◆  ◆  ◆

 従来の1部6校と2部6校を12校の新1部とする統合案が検討されるようになったきっかけは、一昨年春から2部のメーン会場だった神宮第二球場が場外に飛び出すファウルの危険性などを指摘されて使用できなくなったことだ。2部は昨年まで原則として各校のグラウンドを会場とするホームアンドビジター制を採用したが、移動の負担増大や注目度の減少が問題となっていた。

 1、2部は昨春に専大が1部昇格して即優勝を果たすなど、実力が拮抗していることもあって統合案が浮上。会場を神宮球場とし、大学球界では主流の2戦先勝の勝ち点方式から1回戦総当たりの勝率方式に変更することなどが検討された。

「ニュース」のランキング