産経ニュース

【月刊正論】対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【月刊正論】
対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

慰安婦問題の日韓合意を受け、報道陣の質問に答える安倍晋三首相=28日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影) 慰安婦問題の日韓合意を受け、報道陣の質問に答える安倍晋三首相=28日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

  岸田外相も「歴史的、画期的」と自賛していましたが、国民の大半は半信半疑の気分だったと思います。

 阿比留 過去の前言は何度も翻されました。ですが金大中の時も金泳三の時も韓国側は確かに蒸し返さないとほのめかしたけども、明確にはしていませんでした。それでごまかされてきたわけです。

 だけど今回は違う。外相会談で決めてテレビに映って、しかもその直後に行われた朴大統領と安倍総理の電話会談でも「もうこれが最後だ」と確認して、しかもそれをアメリカはじめ欧米各国が一様に歓迎し、歓迎の声明が出されたというわけです。これはやはり河野談話とは全然違うと私は理解しています。

合意で慰安婦問題は韓国の国内問題に

  形の上では確かにそうですが、翌日から韓国の国内で相当激しい反発が起きました。それも目に見えるかたちです。例えば学生たちの日本大使館への乱入。普通なら入り口で警官隊が阻止するのに8階まで駆け上り破壊するのを許すなんて、国家としての体面も保っていない。不満分子はどこにもいますが、やくざの手打ちでも1カ月は静かにしているのにそれが1日も持たない。これはやはり、見切り発車のツケではないのですか。

続きを読む

このニュースの写真

  • 対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

「ニュース」のランキング