産経ニュース

【月刊正論】対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【月刊正論】
対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

慰安婦問題の日韓合意を受け、報道陣の質問に答える安倍晋三首相=28日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影) 慰安婦問題の日韓合意を受け、報道陣の質問に答える安倍晋三首相=28日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

第三国を噛ませた安倍外交

 阿比留 今回日韓合意とそれに関わる政府の一貫した方針としては、とにかく第三国を噛ませる、第三国に見せる。ここが一番重要だったと思います。韓国が前言を翻し、あるいは言ったことを守らない国であることなど、はじめからわかりきって臨んだ話なのです。

 日韓合意を進めるにあたっては合意が出たら、日本もある程度譲歩する。その代わりアメリカは直ちに支持を表明してくださいと根回ししていたのです。そして日韓が合意した直後、ケリー国務長官がわざわざ異例の声明を出して「この問題は最終的かつ不可逆的に解決させることを明確にした」と評価したわけです。

 普段はこんなことに口を挟まないオバマの側近のライス大統領補佐官まで「この包括的解決が国際社会に歓迎されるべきだ」。さらにトナー副報道官も「合意と完全な履行を支持するよう望む」と述べ、「合意の成功には市民社会の支持が極めて重要だ」といって韓国系団体に自制を強く促した。

 とうとうオバマ大統領までが朴大統領に電話して「Congratulations」と伝えているでしょう。安倍総理の言い方では要するに「韓国に閂(かんぬき)を掛けた」ということなのです。ですから、今までのアジア女性基金や河野談話の時とは全然違うと思うのです。

続きを読む

このニュースの写真

  • 対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

「ニュース」のランキング