産経ニュース

【月刊正論】対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【月刊正論】
対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

慰安婦問題の日韓合意を受け、報道陣の質問に答える安倍晋三首相=28日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影) 慰安婦問題の日韓合意を受け、報道陣の質問に答える安倍晋三首相=28日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

韓国の外交流儀に翻弄

  韓国政府部内の当事者能力。これが全体として乏しいのではないか。加藤さんと朴さんとで判決が真逆にぶれているのがその好例です。ところで日韓による慰安婦合意をめぐり「意外に深刻な問題ではないか」と思ったのは、記憶遺産に関する扱い方でした。韓国が中国と共同して世界記憶遺産に慰安婦問題に関する資料の申請を目指していることについて、岸田文雄外相は合意会見後のソウルの日本大使館で記者団の質問に答え、「韓国が(登録の)申請に加わることはないと認識している」と述べましたね。

 すると韓国外交省の報道官が翌朝、「事実無根だ」と否定します。しかも「記憶遺産の件は民間レベルでやっている話だ」と突っぱねている。両外相会談の前段階でかなり議論があったはずなのにです。

 阿比留 記憶遺産の件でいえば、岸田外相も安倍総理も「記憶遺産に申請しないだろう」と言っていました。ですから、これは事務方としてはそういう話になっていたし、あるいは外相会談でもこの話をしていると私も思います。

 ところが、それは韓国にとっては表に出してほしくない話題だった。出してほしくなかった話題を日本側が出したので、とりあえず表向きに否定したのだと思います。では結局のところどうだったか、といえば1月12日の新聞に載っていますが、「韓国政府、ユネスコ記憶遺産登録推進を撤回か 韓国紙報道、民間への活動委託とりやめ」となっているわけです。

続きを読む

このニュースの写真

  • 対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

「ニュース」のランキング