産経ニュース

【月刊正論】対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【月刊正論】
対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

慰安婦問題の日韓合意を受け、報道陣の質問に答える安倍晋三首相=28日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影) 慰安婦問題の日韓合意を受け、報道陣の質問に答える安倍晋三首相=28日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 阿比留 少なくとも安倍政権は完全に貫くと思いますよ。第一、今までの安倍政権の韓国に対するスタンスが今回の日韓合意をのぞいて「放置」だったのですから。向こうが何を言おうと相手にしなかったのです。韓国の経済力はGDPでみると九州と変わらない規模です。むしろ官邸内の韓国への怒りは凄まじかったくらいで、「別に韓国などなくても構わない」ぐらいの勢いでした。

 安倍官邸内で以前からよくこう言われていました。「中国はひどい国だ。しかし利にさといから、日本についた方が得だと思わせれば、外交ゲームはできる。しかし、韓国は訳がわからなくなるから相手にしない」。

 韓国がつくる財団に拠出するとされている10億円規模のお金もこれは一括支払い。一括ですから1回払ったらもうおしまい。アジア女性基金のときのようなフォローアップ事業すらないのです。

  最後のお金ということですよね。しかし私は、10億円の拠出で気になることがあります。このお金を何に使うのか。一括払いのうえ日本側としてはどんな事業をやるつもりなのかが全くわからない。普通は基金を立てるときはもう少し具体的な構想、たとえば事業はこれとこれ、といった例示があるのにそれもない。挺対協は早速別の財団をつくるなんて言いだしています。財団は、空中をさまようことになりかねません。

続きを読む

このニュースの写真

  • 対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

「ニュース」のランキング