産経ニュース

【月刊正論】対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【月刊正論】
対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

慰安婦問題の日韓合意を受け、報道陣の質問に答える安倍晋三首相=28日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影) 慰安婦問題の日韓合意を受け、報道陣の質問に答える安倍晋三首相=28日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 オバマ大統領ですら随分頼るようになってきたわけです。ですから、もう韓国にアメリカはかなり見切っている部分があります。今回もおそらく朴槿惠大統領サイドにアメリカは圧力をかけていると思いますが、日本に対しては圧力-もちろん圧力といえるものがなくはなかったのかも知れませんが、私は把握していません-というよりも、日米が対韓国で連携したと言った方が当たっていると思いますよ。

 総理はもう去年の12月29日の段階で「昨日ですべて終わり。今後韓国との間では一切慰安婦の『い』の字も話さない。次に首脳会談があっても、慰安婦には触れない。これは朴大統領との電話会談で念を押したし、もう謝罪はしない」と明確に言っています。

 国会でも民主党の緒方林太郎氏が「総理自身の言葉でもう一遍謝罪をこの場で言ってください」と言っていましたが、首相は「もう一遍言ったら2度と言わないことにならない。絶対言わない」。

  政府レベルでは向こうが何を言ってこようが、知らん顔で放っておく。そういう意思表示ですよね。しかし、ノーコメントの繰り返しでは外交が成立しない。そのうち苦情が出てきませんか。果たして知らん顔という姿勢は貫けますかね。

続きを読む

このニュースの写真

  • 対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

「ニュース」のランキング