産経ニュース

【月刊正論】対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【月刊正論】
対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

慰安婦問題の日韓合意を受け、報道陣の質問に答える安倍晋三首相=28日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影) 慰安婦問題の日韓合意を受け、報道陣の質問に答える安倍晋三首相=28日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 阿比留 外国のメディアが「日本が強制連行した」とか「20万人」などと、いろいろ書いてきたのも今に始まった話ではありません。ずっと変わっていなかった。これはこれで今後正していかなければいけませんが、それを正す前提として、まず告げ口外交を展開する韓国を黙らせる必要があったわけです。その次の段階で事実関係を欧米など諸外国に周知させていくことが必要で、そういう2段階を踏んでいるのだと私は思っています。欧米メディアは確かに秦先生がおっしゃったような反応をしています。新たに日本についてそう勘違いした人もいるでしょう。しかし、前から欧米メディアはそう言っていたのです。一時的には不愉快だけど、それはこれから正していかなければならないということです。

合意に対する批判について

  右派からは、強制連行・性奴隷に代表される誤認がようやくいろんな人々の努力で正されようとしている。それが、この合意で揺り戻されてしまったという声も聞きます。

 阿比留 確かにそういう理解もできると思います。けれども、一方で今回の合意には、韓国側が長年求めてきた「強制」「強制性」という言葉が全然ないのです。韓国側が河野談話のときに一番こだわったのは何らかの形で「強制を認めよ」でした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 対談・阿比留瑠比×秦郁彦 「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」の行方

「ニュース」のランキング