産経ニュース

【衝撃事件の核心】和牛オーナー訴訟、「リスクゼロ」と推奨の海江田前民主代表出廷 「リスクゼロこそ最大のリスク」と主張

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
和牛オーナー訴訟、「リスクゼロ」と推奨の海江田前民主代表出廷 「リスクゼロこそ最大のリスク」と主張

海江田万里氏(鈴木健児撮影) 海江田万里氏(鈴木健児撮影)

 ただ、海江田氏は雑誌に自身の名前で発表された記事について、実際には海江田氏の話に基づいて雑誌側が執筆していたのに、雑誌発売前に誌面をチェックしていなかった場合があったことを認め、原告側の代理人から「無責任だとは思わないのか」と詰め寄られる場面もあった。

 訴状などによると、海江田氏は経済評論家として複数のテレビやラジオに出演していた昭和62年~平成4年ごろ、雑誌や書籍で安愚楽牧場の和牛商法を「リスクゼロ」「13.3%の高利回りは驚異的」「契約通りの利益が保証される」などと“広告塔”のように賛美。しかし、影響力のある評論家として、高利回り・元本保証の不自然な金融商品を紹介する際には、商品の実態や危険性を事前に調査し、説明する義務があったのに、それを怠り、投資家を「安全だ」と誤解させて被害を与えたなどとしている。

 海江田氏は安愚楽牧場元社長らの逮捕を受けた平成25年6月、国会内で記者団に「今から20年以上前のことで、議員になってからは何の関係もない」と釈明していた。

「ニュース」のランキング