産経ニュース

【食品の安全考】ヒジキの鉄分は鉄釜とステンレス釜でなんと10倍の差!? 給食は献立見直し、業界は猛反発するが…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【食品の安全考】
ヒジキの鉄分は鉄釜とステンレス釜でなんと10倍の差!? 給食は献立見直し、業界は猛反発するが…

鉄分量で注目される干しヒジキ。波紋が広がっている 鉄分量で注目される干しヒジキ。波紋が広がっている

摂取基準どう満たす

 一方、学校給食の現場にも波紋が広がっている。鉄分は、日々体内で消費されるため、毎日一定量摂取することが大切な栄養素だ。文科省の学校給食摂取基準では、家庭での鉄分摂取が減っていることを考慮し、1日に取るべき鉄分量の3分の1以上を給食で供給するよう求めている。鉄分は肉類や野菜にも含まれるが、従来の食品成分表でヒジキに含まれる量が多かったこともあり、学校給食の献立を作る管理栄養士らにとって、ヒジキは重宝な食材だった。

 栃木県小山市の学校給食ではこれまで、サラダやハンバーグなどにヒジキを入れ鉄分摂取量を満たしてきた。しかし、改訂で鉄分量が大幅に減ったため、献立の見直しを検討中だ。

 同市学校教育課食育推進係の飯田悦子係長は「鉄分はビタミンCとともに取ると吸収が良くなる。他の食材も使って効率よく摂取できる献立を考えたい」と話している。

このニュースの写真

  • ヒジキの鉄分は鉄釜とステンレス釜でなんと10倍の差!? 給食は献立見直し、業界は猛反発するが…

「ニュース」のランキング