産経ニュース

【政治デスクノート】夏の参院選の注目選挙区はここだ! 参院民主のドン・輿石東氏の引退表明で山梨選挙区も台風の目に…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政治デスクノート】
夏の参院選の注目選挙区はここだ! 参院民主のドン・輿石東氏の引退表明で山梨選挙区も台風の目に…

記者会見で政界引退を表明する輿石東氏=1月17日、山梨県昭和町 記者会見で政界引退を表明する輿石東氏=1月17日、山梨県昭和町

 夏の参院選に向け、各党の選挙態勢が徐々に整いつつあります。今回の参院選から鳥取・島根、徳島・高知が合区になるため45選挙区で1~6の改選議席を争います。知名度の高い候補が立つ東京、神奈川、現職閣僚がいる福島、沖縄の各選挙区のような派手さはないものの、参院選の序盤戦を占う選挙区が3つあります。

 その1つは、山梨選挙区です。「参院民主党のドン」こと輿石東副議長が引退することになり、自民、民主両党とも新人を擁して戦う見通しとなっています。

 平成22年の前回参院選で輿石氏は与党民主党の参院議員会長ながら、自民党が立てた新人の宮川典子氏(24年衆院選でくら替え、当選2回)に猛追され、辛勝したものの票差は約3700票とわずかで「学会に泣きを入れて勝った」(自民党幹部)といわれたほどでした。

 ただ、自民党県連は今回、輿石氏に対する新たな刺客を送り込んだというよりも「穏便に県政会の大物を選んだ」(自民党幹部)ということのようで、輿石氏が引退の意向を示しているのも落選を恐れてではなく、5月に傘寿を迎えるという年齢が理由のようです。実際、民主党内には「輿石氏は執行部がもっと本気で続投要請するのを待っていた」(閣僚経験者)という見方もあるほどです。民主党の輿石氏の後継候補は未発表ですが、自民、民主両党にとって選挙のトレンドを読む指標区になりそうです。

 岡山選挙区では、民主党ベテランの江田五月元参院議長が今月16日に「新陳代謝が必要」と正式に引退を表明しました。

 民主党は新人男性を擁立方針で、自民党は公募で決めた東京都北区議出身の新人女性を公認しており、ともに30代とフレッシュな顔ぶれでの戦いになる見込みです。

このニュースの写真

  • 夏の参院選の注目選挙区はここだ! 参院民主のドン・輿石東氏の引退表明で山梨選挙区も台風の目に…
  • 夏の参院選の注目選挙区はここだ! 参院民主のドン・輿石東氏の引退表明で山梨選挙区も台風の目に…

「ニュース」のランキング