産経ニュース

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(23)その生涯編・米出張から帰国「実行家になる」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】
独立不羈の男・河合栄治郎(23)その生涯編・米出張から帰国「実行家になる」

上空から見た現在の米ニューヨークのセントラルパーク 上空から見た現在の米ニューヨークのセントラルパーク

前のニュース

(毎週土日に掲載します)

 “実行家”になる決意

 農商務省の四条隆英課長は、ニューヨークから届いた河合栄治郎の電報に苦虫をかみ潰していた。栄治郎の電報には、米国から直接、欧州に飛んで、とりわけ英国の労働事情を調査したいとの懇請であった。

 臨時産業調査局の上司、吉阪俊蔵によると、四条課長は「河合は真面目な男で、米国で勉強して居たことは疑わないが、出張中に一本の通信も寄こさないで、出張期限の終る時に突然電報を打って延期を求めてきた」と憮然としていた(吉阪「農商務省時代を想う」『河合栄治郎・伝記と追想』)。

 煩瑣(はんさ)な手続きに重きを置く官僚世界にあって、栄治郎はただ仕事一筋であった。挨拶なし、根回しなし、前例無視の異色官僚である。ようするに栄治郎は吏道の定石をまったく眼中においてこなかったのである。

 本省はこのとき、第1回国際労働会議の準備から、栄治郎の帰朝を「いまや遅し」と待っていた。さすがの栄治郎も、帰朝を観念していたようだ。

 大正8(1919)年5月、栄治郎は一高の先輩、鶴見祐輔とセントラルパークを見渡すプラザホテルで別れの挨拶を交わした。彼はニューヨーク滞在中の鶴見をよく訪ねて談笑した。2人が会うのは、おおむね夜中になった。鶴見は栄治郎の所業に辟易していた。

続きを読む

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎のニュース

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎の写真

  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(61)その生涯編・攻撃
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(60)その生涯編 戦火拡大
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(58)その生涯編・人民戦線事件
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(56)その生涯編・赤門人民戦線
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(52)その生涯編・孤高の戦い
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(51)その生涯編・不動の思想
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(48)その生涯編・1年ぶりの祖国
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(47)その生涯編・ソ連とドイツ
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(45)その生涯編・講演旅行
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(44)その生涯編・講演依頼
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(43)その生涯編・論争後
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(42)その生涯編・一騎打ち

「ニュース」のランキング