産経ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】民主・岡田代表「独裁批判」は鏡を見た方がいい 強権的だったのはどっちだ?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【阿比留瑠比の極言御免】
民主・岡田代表「独裁批判」は鏡を見た方がいい 強権的だったのはどっちだ?

 第一、ナチス台頭への深刻な反省から出発したドイツ憲法でも、緊急事態条項は定められている。岡田氏は無理やりなこじつけで、安倍晋三政権への不安や恐怖をあおろうとしているとしか思えない。

 そんなことをつらつら考えていたら、民主党の輿石東参院副議長が今期限りで引退すると表明した記者会見を報じた小さなベタ記事が目についた。日経新聞の18日付朝刊は、こんな輿石氏の言葉を紹介していた。

 「言いたい放題、やりたい放題やらせてもらったので心残りはない」

 これを読み、民主党政権時代のあれこれが走馬燈のように脳裏に浮かんだ。本当に彼らは好き勝手に振る舞っていたなあと-。

 「教育の政治的中立を担保しつつ、これからも子供たちのための運動を続けていく」

 18日付の山梨日日新聞朝刊には、輿石氏の記者会見に同席した山梨県教職員組合(山教組)の梶原貴委員長のこんなコメントが載っていた。山教組は輿石氏の出身母体だが、梶原氏の言葉はまるでウケ狙いのギャグのようだ。

「ニュース」のランキング