産経ニュース

【科学】動き出す「水素社会」 2020年東京五輪で燃料電池の普及加速へ 新国立競技場にも導入

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【科学】
動き出す「水素社会」 2020年東京五輪で燃料電池の普及加速へ 新国立競技場にも導入

 燃やしても二酸化炭素が発生しない水素は、最も有望な次世代エネルギーの一つだ。国や東京都は2020年東京五輪での観客輸送や競技施設などの電力供給に水素を積極的に活用。普及を加速して技術力を世界にアピールし、持続的な成長につなげたい考えだ。(伊藤壽一郎)

電力や熱を供給

 水素は燃料電池で空気中の酸素と反応して電力を作り出す。燃焼装置で熱エネルギーを作ることも可能だ。いずれも地球温暖化につながる二酸化炭素は発生しないため、次世代のクリーンエネルギーとして実用化が始まっている。

 地球環境への負荷が少ない低炭素都市を目指す東京都は、都内の五輪会場で水素を積極的に活用。水素をエネルギーの中心に据える「水素社会」の実証実験を行う。

 メーン会場となる新国立競技場(新宿区)や、中央区晴海に建設する選手村に燃料電池や燃焼装置を設置し、施設内の照明や冷暖房などに使う電力、温水を供給する。一つの装置で電力と熱を供給する燃料電池コージェネレーションも導入する計画だ。

 燃料電池車の普及も強力に推進する。競技会場と都心を結ぶため新たに導入する次世代都市交通システムの一部に採用。さらに導入費用の補助制度などを設けることで、20年までに燃料電池で走る乗用車などを6千台、バスを100台以上に増やすことを目指す。

このニュースの写真

  • 動き出す「水素社会」 2020年東京五輪で燃料電池の普及加速へ 新国立競技場にも導入
  • 動き出す「水素社会」 2020年東京五輪で燃料電池の普及加速へ 新国立競技場にも導入

「ニュース」のランキング