産経ニュース

【防衛最前線・総集編(下)】空自の装備を一挙公開! F15、F35、PAC3、空中給油機…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【防衛最前線・総集編(下)】
空自の装備を一挙公開! F15、F35、PAC3、空中給油機…

航空自衛隊の主力戦闘機F15(空自提供) 航空自衛隊の主力戦闘機F15(空自提供)

F35戦闘機

 政府が次期主力戦闘機に選定した最新鋭ステルス戦闘機がF35だ。最大の特徴は、敵のレーダーに捕捉されにくい高度なステルス性だ。「ファースト・ルック、ファースト・アタック、ファースト・キル(最初に発見し、最初に攻撃し、最初に殺す)」を可能とするF35は第5世代戦闘機に分類される。

 政府は次期主力戦闘機としてメーカー提案があったF35、FA18E/F、ユーロファイターの3機種からF35を選んだ。防衛省内では「複数の機種の中から選定する場合は、メーカー同士がアンチ・キャンペーンを張る。大なり小なり批判があるのは当然の現象」という声もあるが、いまだに他の機種を選定するべきだったとの批判は収まっていない。

 政府がF35を42機調達することを決定したのは、民主党政権時代の平成23年12月だった。安倍首相は、24年12月の政権交代を機にF35導入を白紙に戻すことも可能だったが、日頃、民主党に批判的な首相も前政権の方針を踏襲した。

 むしろ、安倍首相は「わが国を防衛するためにはF35が絶対的に必要だ。この世代の戦闘機を持たなければ、残念ながら日本の国を守ることができない」と述べ、F35にかける期待を隠そうともしない。日本周辺では中国がJ20(殲20)、ロシアがT50など第5世代戦闘機の開発を急ピッチで進めており、3機種の中で唯一の第5世代機だったF35の導入は不可欠だ-という思いがにじむ。

 期待と批判。その2つを背負って飛ぶF35は、29年度に空自三沢基地(青森県三沢市)に配備される見通しだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 空自の装備を一挙公開! F15、F35、PAC3、空中給油機…
  • 空自の装備を一挙公開! F15、F35、PAC3、空中給油機…
  • 空自の装備を一挙公開! F15、F35、PAC3、空中給油機…
  • 空自の装備を一挙公開! F15、F35、PAC3、空中給油機…
  • 空自の装備を一挙公開! F15、F35、PAC3、空中給油機…
  • 空自の装備を一挙公開! F15、F35、PAC3、空中給油機…
  • 空自の装備を一挙公開! F15、F35、PAC3、空中給油機…
  • 空自の装備を一挙公開! F15、F35、PAC3、空中給油機…
  • 空自の装備を一挙公開! F15、F35、PAC3、空中給油機…
  • 空自の装備を一挙公開! F15、F35、PAC3、空中給油機…
  • 空自の装備を一挙公開! F15、F35、PAC3、空中給油機…

「ニュース」のランキング