産経ニュース

【正論 特別対談(上)】ジェームス・E・アワー×田久保忠衛 「9条が日本人を困惑させている」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【正論 特別対談(上)】
ジェームス・E・アワー×田久保忠衛 「9条が日本人を困惑させている」

ジェームス・E・アワー氏(鴨川一也撮影)

 田久保 そう、問題の根本は憲法9条ですよ。自衛権は国家に生来備わっているもの。内閣法制局は個別的と集団的との2つに分けて判断を出した。これが問題を広げた。集団的自衛権の行使は9条に照らすと「違憲」だということになってしまった。これがずっと続いてきたということ。現行憲法は前世紀の遺物といっていい。

 というのは、現実の国際情勢ががらりと変わってしまった。1つは中国です。中国は経済大国、GDPでは米国に次ぐ大国となった。同時に世界第2位の軍事大国になった。それが拡張主義、力によって現状を変更する膨張主義的な性格を次第にはっきりさせてきた。

 もう1つ。7年前に米国でバラク・オバマ政権が誕生した。今までの米政権とは異質なほど「内向き」です。つまり外交と防衛があって、これを米国は世界の秩序を維持するために車の両輪のように使い分けてきた。しかし、オバマ大統領は3年前に「米国は世界の警察官になるべきではない」と言い切り、軍事不介入を鮮明にした。

 シリアの混乱も空爆だけで、地上戦闘部隊は本格投入しないことを何度も繰り返している。ウクライナへのロシアの介入にも経済制裁を実施しただけだった。南シナ海も米国が毅然(きぜん)と判断していたら、あそこまで中国は人工島を造成できたかどうか。オバマ大統領は「talk(話し合い)、talk、talk」だけで、「muscle(腕力)」は使わない。

このニュースの写真

  • ジェームス・E・アワー×田久保忠衛 「9条が日本人を困惑させている」
  • ジェームス・E・アワー×田久保忠衛 「9条が日本人を困惑させている」
  • ジェームス・E・アワー×田久保忠衛 「9条が日本人を困惑させている」

「ニュース」のランキング