産経ニュース

安倍首相「消費税はリーマン級出来事なければ10%」「防音設備、辺野古ではゼロ」 NHK番組発言全文

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


安倍首相「消費税はリーマン級出来事なければ10%」「防音設備、辺野古ではゼロ」 NHK番組発言全文

安倍晋三首相(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は10日放送のNHK番組で、夏の参院選で憲法改正を争点に掲げる考えを示した。首相の発言の詳細は次の通り。

 【政権運営】

 --首相が政権の座に返り咲いて3年。さらに長期政権をめざしていくのか

 「明日(11日)は成人の日です。新成人の皆さんの門出を祝福したいと思います。新成人のみなさんにとっては、ほとんどの期間がデフレだったと思います。この3年間、デフレ脱却に向けて全力を尽くしてきました。その結果、デフレ時代に失われた国民所得50兆円のうち、40兆円を取り戻すことができました。これからさらに若い皆さんも含めてすべての方々が頑張れるチャンスとなる社会をつくっていく、そのスタートとなる1年にしたいと思います」

 --今の自民党総裁任期はあと2年8カ月余りとなる

 「今、申し上げた目標。みんなが輝ける社会を作っていく上においても、しっかりと安定した政治的な基盤の上に継続して政策を進めていく。継続は力ですから。この3年間でそのことを外交においても内政においても実感しました。残りの任期もしっかりと務めていきたいと思います」

 【経済政策】

 --一億総活躍社会実現のため、GDP600兆円といった新たな「3本の矢」を打ち出した。その中の目標である希望出生率1.8、介護離職ゼロの達成にはかなりの財源が必要だ。税収増加分に期待するのか

 「この3年間、われわれはもはやデフレではないという状況を作りました。企業は過去最高の収益を上げている。その結果、税収もずいぶん増えました。国税だけではなくて地方税収も増えた。国、地方合わせて21兆円、民主党政権時代よりも税収が増えました。これはまさに果実であります。この果実を希望出生率1.8の実現のための子育て支援、あるいはまた介護離職ゼロのための社会福祉に振り向けていきたい。果実をしっかりと振り向けていきたい」

「ニュース」のランキング