産経ニュース

【ロケ地巡りの旅】映画「虹の女神 Rainbow Song」 イチョウ並木が続く群馬・高崎経済大キャンパス

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ロケ地巡りの旅】
映画「虹の女神 Rainbow Song」 イチョウ並木が続く群馬・高崎経済大キャンパス

背の高いイチョウ並木が続くキャンパス=群馬県高崎市上並榎町 背の高いイチョウ並木が続くキャンパス=群馬県高崎市上並榎町

 北関東の公立大では数少ない社会科学系学部を擁し、来年開学60周年を迎える。OBでもある企画広報チームの笠原伸益さんは「学部、大学院含め学生約4100人は北海道から沖縄まで全都道府県から入学、群馬県出身者は3割。約3万5000人のOBも全国で活躍中」と話す。

 映画では、ヒロイン・あおい(上野)がパニック映画の撮影に参加し、周囲に立ちこめるガスに苦しむ場面が図書館前のイチョウ並木前で撮影された。ガスに巻かれる演技中のあおいに、のんきに横から声をかける智也(市原)。2人のかみ合わないやり取りがきっかけに、その距離が縮まる-。

 映画は「映研」の学生たちを描く。そこで、高経大映画研究部員に話を聞くと、集まった4人はいずれもこの作品の存在を知らなかった。

 就職情報会社に内定している経済学部4年の田中幸城(ゆきしろ)さん(23)は「僕たちの映研も見るより、撮ることが中心。ちょっとしたラブストーリーを撮ったこともあります」と言う。同部の前部長、地域政策学部3年の岡村健汰さん(20)は「資金を自分たちで集め、1時間程度の中編を撮って上映会を開くなど、県内の大学映研で一番活動が活発です」と胸を張る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 映画「虹の女神 Rainbow Song」 イチョウ並木が続く群馬・高崎経済大キャンパス
  • 映画「虹の女神 Rainbow Song」 イチョウ並木が続く群馬・高崎経済大キャンパス

「ニュース」のランキング