産経ニュース

【「価値」漂流 第1部】家族のかたち(1)「結婚しないの?」は暴言か…「喜怒哀楽共にして絆生まれる」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【「価値」漂流 第1部】
家族のかたち(1)「結婚しないの?」は暴言か…「喜怒哀楽共にして絆生まれる」

 なぜ結婚しない人が増えたのか。明治大の諸富祥彦教授(臨床心理学)は、「雇用や収入が安定しない経済的問題に加え、結婚を『責任を負う』『リスクばかりが大きくてメリットがない』と受け止めるようになった」と指摘。「結婚するのが当たり前」という価値観が変わり、「世間体を気にして結婚していたような人が結婚しなくなった」とみる。

 女性の社会進出などに伴う晩婚・晩産化も顕著だ。2年から24年までの間に、平均初婚年齢と、第1子出生時の平均年齢はともに3・3歳上がっている。

孤独な老後は日常

 結婚観の変化は「婚活」の現場にも広がっている。

 「結婚したら自由がなくなる」。大阪市で「お見合い塾」を開く婚活・出会いアドバイザーの山田由美子さんは最近、こんな声を聞いた。そう思う人に尋ねたい。「独身で親の介護をやることになったら、配偶者がいない分、それこそ自由がなくなる。20年、30年後、どうするの?」

 これまでに約2千組を成立させた。「自分を変えてまで結婚したくない」という人には、「変えなくていい相手と結婚すればいいやん」と助言している。晩婚化に伴い女性相談者の年齢が上がった分、「やりたいこと」が明確になり、年収などよりも「自分が好きなことをさせてくれる人」かどうかを重視する傾向だ。

「ニュース」のランキング