産経ニュース

【経済インサイド】子育て女性社員の特別扱い撤廃 “資生堂ショック”がもたらす教訓とは あなたの会社はどうしてる?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
子育て女性社員の特別扱い撤廃 “資生堂ショック”がもたらす教訓とは あなたの会社はどうしてる?

 フルタイムデー創設

 「夫が保育園のお迎えをする日はフルタイム勤務ができる」「バーゲンセール初日は週末でも出たい」

 こうした現場からの声で、時短取得者でも日によってフルタイムに切り替えられる制度をつくったのは、百貨店の高島屋だ。社命ではなく本人による事前申請に限る。時短勤務を選ぶと時間分の給与は減るが、フルタイム勤務にした日の分は加算される。

 「忙しい日は力になりたいという時短勤務者は少なくない」と担当者はいう。弾力的な仕組みをつくることで、時短勤務者も戦力化した例だ。

 “資生堂ショック”では、育児社員の遅番や週末出勤が「厳しい」と反響を呼んだが、配偶者の協力があれば話は別だ。この手の話は「どうせ男性は残業ばかり」と男性不在の議論になりがちだ。

 花王は男性の育児休業取得率が単体で37%と高い。社員向けの育児休業からの復職前セミナーには、社内外を問わずに配偶者も同席してもらう。父親向け育児セミナーも開く。仕事と育児の両立を「女性だけの問題にせず、男性も参加する」(担当者)という企業風土の醸成を工夫する。

「ニュース」のランキング