産経ニュース

【ニッポン非常識特電】鎌倉市職労が立ち退き拒否してプレハブに籠城中! 学童保育施設に黄信号 身勝手な“闘争”に市民もあきれ顔

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ニッポン非常識特電】
鎌倉市職労が立ち退き拒否してプレハブに籠城中! 学童保育施設に黄信号 身勝手な“闘争”に市民もあきれ顔

鎌倉市職員労組が事務所を置くプレハブ建物。深夜まで明かりが灯る=鎌倉市御成町

 神奈川県鎌倉市で、市所有の小さなプレハブ建物をめぐり、市と市職員労働組合(市職労)が激しく対立している。建物は市職労が長年事務所として使用してきたが、共働きや一人親家庭の児童を預かる「学童保育」施設の建設のために市が解体を決定。これに反発する市職労は、組合員の“24時間”籠城で徹底抗戦する。業を煮やした市が組合側に事務所の明け渡しを求める仮処分を横浜地裁に申し立てるが、決め手に欠き、攻防は膠着状態に陥っている。

「24時間態勢」

 平成27年12月上旬のある日の未明、鎌倉市役所に隣接するプレハブの組合事務所にはこうこうと明かりがともったままだった。

 窓から見える室内では、支援者とおぼしき高齢の男性がくつろぎ、壁には「市長は憲法を守れ」との寄せ書きが張られていた。

 学童保育施設の建設に向け、市が事務所の「退去期限」として示したのは10月末。翌11月1日から、同事務所は組合員や支援者が「24時間態勢で籠城している」(市幹部)という。

 籠城の理由について、組合は「10月末までは、守衛室に鍵を預けていたが、11月以降は市が使用許可を認めていないために、鍵を戻してしまうとそのまま回収されてしまう」と説明、「誰かが事務室にいる状況にしなければならない」とする。

このニュースの写真

  • 鎌倉市職労が立ち退き拒否してプレハブに籠城中! 学童保育施設に黄信号 身勝手な“闘争”に市民もあきれ顔
  • 鎌倉市職労が立ち退き拒否してプレハブに籠城中! 学童保育施設に黄信号 身勝手な“闘争”に市民もあきれ顔

「ニュース」のランキング