産経ニュース

【米銃規制】テレビ通販で24時間銃が買える…惨事起こる度に銃売り上げが伸びる皮肉

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【米銃規制】
テレビ通販で24時間銃が買える…惨事起こる度に銃売り上げが伸びる皮肉

カリフォルニア州サンバーナディーノで14人が死亡した銃乱射事件の現場近くで、犯人が使用した銃を掲示しながら記者会見を行う警察当局。銃社会であるが故に米国では銃犯罪がとどまるところを知らない=3日(AP)

 AFP通信によると、SRNはガン・テレビの始動によって「世界一多様な銃火器を購入できる驚くべき機会を責任を持って提供する」と宣言しており、今、米社会で求められているのは銃規制ではなく、「銃器の販売取引に関する教育、情報、安全こそが求められ、ガン・テレビがそのニーズに応える」と主張している。

 購入方法は、画面に表示された商品を電話かインターネット経由で注文する方式で、注文した銃器は最寄りの銃器店に配送される。購入者は、銃器店で所定の用紙に必要事項を記入し、身元確認審査を通った後に商品を受け取れる。

 CNN放送によると、サンバーナディーノでの乱射事件後、全米各地の銃器店では売り上げが「概ね20~30%伸びている」という。こうした傾向は、オレゴン州のコミュニティーカレッジで起きた無差別発砲で10人が死亡した事件(今年10月)や、コネティカット州の小学校で銃乱射によって児童ら26人が死亡した事件(2012年12月)など、世間を騒がせた銃絡みの大事件の後には必ず見られる現象だ。

「ニュース」のランキング