産経ニュース

【土俵の群像】外国勢初のアマ横綱誕生 トゥルボルドは逸ノ城、照ノ富士に続けるか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【土俵の群像】
外国勢初のアマ横綱誕生 トゥルボルドは逸ノ城、照ノ富士に続けるか

相撲の全日本選手権で黒川(右)を小手投げで破り優勝したモンゴル出身で日大3年のトゥルボルド

 187センチ、175キロと堂々たる体格だ。モンゴルにいる頃は柔道に励み、全国規模の大会でも優勝経験があるという。スカウトされ、照ノ富士、逸ノ城と同じ飛行機で来日し、鳥取城北高に留学した。活躍する2人の姿に「すごい距離を置かれたから、自分も頑張らなきゃ」と刺激を受けている。

 「プロに入ってどれだけやれるか」の思いを胸に秘めながら、いまは大学で稽古に励んでいる。あこがれは「モンゴルの横綱たち」と目を輝かせる。「一生懸命」の日本語を好む21歳。来日直後は慣れなかった日本食も今では「嫌いなのはカレーだけ」と笑う。

 近年の角界を席巻するモンゴル勢の新たな大器として期待されるが、今大会で得た幕下15枚目格付け出し資格をすぐに使う意思はないという。

 来年は名門の日大で初めての外国出身主将を任される。「チームを引っ張って後輩に胸を出し、もっともっと強くなりたい」と抱負を述べた。(藤原翔)

このニュースの写真

  • 外国勢初のアマ横綱誕生 トゥルボルドは逸ノ城、照ノ富士に続けるか
  • 外国勢初のアマ横綱誕生 トゥルボルドは逸ノ城、照ノ富士に続けるか

「ニュース」のランキング