産経ニュース

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(13)その生涯編・友と語り

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】
独立不羈の男・河合栄治郎(13)その生涯編・友と語り

赤城山の大沼。冬は凍結し、ワカサギ釣りなどで知られる 赤城山の大沼。冬は凍結し、ワカサギ釣りなどで知られる

前のニュース

(毎週土日に掲載します)

 煩悩と闘う「赤城山日記」

 明治42(1909)年春、第一高等学校2年の河合栄治郎は、寄宿舎の3階からぼんやりと窓の外を眺めていた。木々を抜ける風に吹かれているうち、雪の赤城にこもりたいとの衝動に駆られた。

 群馬県の東に位置する赤城山は、榛名山、妙義山とともに上毛三山の一つ、標高1828メートルの優美な山である。4月といえば、北関東の山々にはまだ雪が残り、単独行には適さない。だが、栄治郎は思い立ったら矢も盾もたまらなかった。

 栄治郎は徳富蘆花の著作を通じて「万物に神宿る」とする汎神論的自然観に親しんでいた。とくに、府立三中時代の親友、中村孝二郎(満州拓殖公社理事)から、赤城山の魅力を「口にも出せない美、崇厳なんどの気がひし々身に迫ってくる」と聞かされていた(松井慎一郎編『赤城山日記』)。

 中村は2年後の夏、北アルプス後立山連峰の五竜岳、鹿島槍ケ岳を縦走し、初登攀(とうはん)者として広く知られる。栄治郎はその著名アルピニスト・中村から山の魅力を聞かされ、登山の手ほどきを受けていた。

続きを読む

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎のニュース

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎の写真

  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(61)その生涯編・攻撃
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(60)その生涯編 戦火拡大
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(58)その生涯編・人民戦線事件
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(56)その生涯編・赤門人民戦線
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(52)その生涯編・孤高の戦い
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(51)その生涯編・不動の思想
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(48)その生涯編・1年ぶりの祖国
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(47)その生涯編・ソ連とドイツ
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(45)その生涯編・講演旅行
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(44)その生涯編・講演依頼
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(43)その生涯編・論争後
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(42)その生涯編・一騎打ち

「ニュース」のランキング