PR

ニュース プレミアム

【スポーツ異聞】建造費290億円 韓国初のドーム球場が国民に総スカン 31列ロングシートに「どうやってトイレに行くんだ!」

Messenger
韓国ドーム球場(朝鮮日報のホームページから)
韓国ドーム球場(朝鮮日報のホームページから)

 韓国初のドーム球場が韓国国民に総スカンを食らっている。韓国メディアが11月、一斉に批判した。2713億ウォン(約290億円)の巨費を投じ6年という歳月をかけたにもかかわらず、選手には守備しづらいなどと不評で、観客は切れ目なく並ぶ31席の長い座席に「どうやって便所に行くんだ」と嫌みを言う始末。専門家の意見を聞かずに事業を進めたソウル市の行政手腕に疑問が呈されている。同市は「不便な点は改善していく」と殊勝だが、「21世紀最悪」と酷評されるドーム球場の改善にはさらなる予算が必要。まさに“お役所仕事”。来年4月からはプロ野球ネクセン・ヒーローズの本拠地として使われるだけに、早急に対応せざるを得ず、問題は深刻だ。

 朝鮮日報が「21世紀最悪のドーム球場」と酷評するのが、ソウル市内にある高尺スカイドーム。11月4日にオープンしたばかりだ。客席には31席に及ぶ長い座席があり、インターネット上には「おむつ座席」という皮肉が飛び交っているという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ