産経ニュース

【iRONNA発】劣化する左翼リベラル 民主党よ、国民は健全な野党を求めているのだ! 山村明義(作家・ジャーナリスト)

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
劣化する左翼リベラル 民主党よ、国民は健全な野党を求めているのだ! 山村明義(作家・ジャーナリスト)

衆院本会議で民主党などが退席するなか安保関連法案が可決した=7月16日午後、国会内

 平和安全法制の審議の最中の9月19日、共産党の志井和夫委員長が呼びかけた「国民連合政府構想」の実現を目指す、民主党と共産党との政策協議が進行中だ。この構想に対し、民主党の岡田克也代表は、「どうしたら安倍政権を倒せるのかという視点で物事を考えていく必要がある」と述べた。岡田民主党執行部の本音は、自民党の「一強多弱からの脱却」と「政権交代」であろう。両党は10月中にも政策協議を終え、世論調査による国民の期待値は、「39%もある」という。(iRONNA)

 つまり民主党と共産党は、4割近くの国民が望む安保法制を廃止し、与党の「憲法改正反対闘争」を目標に据えながら、安倍政権倒閣のため、お互いが共闘するーというのだ。

 ここで気づくのは、現在の日本の野党政治では、共産党が政権参加姿勢を示すという「戦争直後以来の事件」が起きており、民主党の左翼リベラル思想に基づく政党の体質が変わらないどころか、益々劣化している点にある。

「ニュース」のランキング