産経ニュース

【宮嶋茂樹の直球&曲球】平和ボケもこれ極まれりや 「テロとの戦い」傍観者は加害者と同じ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【宮嶋茂樹の直球&曲球】
平和ボケもこれ極まれりや 「テロとの戦い」傍観者は加害者と同じ

 安倍晋三首相が南シナ海への自衛隊派遣の検討を表明したが、わが国もやっとこさ集団的自衛権行使でけるようになったんやろ。ホルムズ海峡周辺やったら機雷掃海まででけるんやろ。わが国もフランスとの連帯表明しとんやったらテロとの戦いに参加すべきや。現に小泉政権下では「テロとの戦い」でインド洋に護衛艦派遣しとったやないか。

 わが国も少なくとも2人の日本人が「イスラム国」になぶり殺されとるんや。やると言うたからには自爆テロも厭(いと)わず、日本人も的にかけてきよるで。傍観者は加害者と同じなんや。日本もれっきとした被害者やないか。湾岸戦争のときみたいに、また“ヘタレの大店の旦那”みたいに国際社会でバカにされてもええんか? 日本は島国やから安心やて? アホ抜かせ、平和ボケもこれ極まれりや。

                   

【プロフィル】宮嶋茂樹

 みやじま・しげき カメラマン。1961年、兵庫県出身。日大芸術学部卒。写真週刊誌を経てフリーに。東京拘置所収監中の麻原彰晃死刑囚や、北朝鮮の金正日総書記をとらえたスクープ写真を連発。写真集に男女の若き海上自衛官を撮った「国防男子」「国防女子」。

「ニュース」のランキング