産経ニュース

【三島由紀夫没後45年(下)】三島に斬られ瀕死の元自衛官「潮吹くように血が噴き出した」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【三島由紀夫没後45年(下)】
三島に斬られ瀕死の元自衛官「潮吹くように血が噴き出した」

三島由紀夫らと格闘の末、重傷を負った元自衛官の寺尾克美さん。刀傷が残るドアの前で当時の様子を語った=11日、東京都新宿区の防衛省・市ケ谷記念館(寺河内美奈撮影)

 事件後に生まれた自営業、折本龍則(31)にとって、三島と森田は「もはや歴史上の人物」だ。檄文は「全くその通りだと思うし、三島先生や森田さんの考えには共感している」というが、「その通りのことが70年以上も続いて、既成事実化してしまっているのも事実で、受け入れざるを得なくなっている」と話す。その一方で「三島先生や森田さんのように、自分で納得できる生き方をしたい」という。

 高校時代に三島の文章と行動力に魅せられたという女性会社員(32)は「今、楯の会があればぜひ入りたい。先生は日本の真の姿の実現を目指していた。自決は自衛隊の決起を喚起しただけではない。もちろん、あきらめの境地でもない。メッセージだ。自分たちが口火を切ることに意味があった。それだけの影響力があると分かっていた」と話した。

 少しずつではあるが、三島や森田の思いが広がりつつある。  

      =敬称略

(重松明子、編集委員 宮本雅史)

 遺書、檄文、命令書の全文と証言集はインターネット「産経ニュース」の特集「三島由紀夫事件」に掲載しています。

このニュースの写真

  • 三島に斬られ瀕死の元自衛官「潮吹くように血が噴き出した」
  • 三島に斬られ瀕死の元自衛官「潮吹くように血が噴き出した」
  • 三島に斬られ瀕死の元自衛官「潮吹くように血が噴き出した」
  • 三島に斬られ瀕死の元自衛官「潮吹くように血が噴き出した」

「ニュース」のランキング