産経ニュース

【中国に屈せず】チベットの焼身抗議の実態をブログで伝える建築家・中原一博氏が情報統制の恐怖を語った…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【中国に屈せず】
チベットの焼身抗議の実態をブログで伝える建築家・中原一博氏が情報統制の恐怖を語った…

2013年11月、中国青海省ゴロク・チベット族自治州、ペマ県で焼身抗議し、死亡した僧侶、ツェリン・ギェルさん(当時20)。「私が今日焼身を行うのは内外のチベット人が再び一緒になれるためだ」という遺書を残した。(中原一博さん提供)

 悲しみと疲労が入り交じったような表情でそう語る中原さんは、広島県呉市出身。早稲田大理工学部建築学科の卒業を前に、インド北部のラダックを旅行中にチベット仏教建築に魅せられ、卒論のテーマにしたことで「チベット亡命政府」と知り合った。1985年、専属建築家として家族とともに亡命政府の拠点、インドのダラムサラに移住。亡命政府庁舎や学校などを設計し、97年にはNGO「ルンタプロジェクト」を発足、インドに逃れた元政治犯の支援を開始した。この記事の冒頭に記した焼身者の数は、米政府系放送局ラジオ自由アジア(RFA)などが伝えたものだ。

 中原さんによると、ブログ執筆のきっかけは、2008年3月10日にチベットの古都・ラサで始まり、各地に広まった大規模な抗議行動だ。当時の日本の国内報道によると、中国の治安部隊がデモ隊を制圧し、チベット亡命政府は「130人以上の死亡を確認」などと海外メディアに発表した。しかし、中国国営放送は、暴徒が町に火をつけ、住民に暴力をふるう様子を放送。中国当局は「ラサの暴動での死者は、市民18人と警官1人」などとし、亡命政府の発表した死者については「裏付けがない」などと情報戦を繰り広げた。

 中原さんは「中国当局による情報統制は北朝鮮以上。ブログを書くことで日本の人々にも、チベットの実態を少しでも伝わればと思った」と執筆の動機を語る。

このニュースの写真

  • チベットの焼身抗議の実態をブログで伝える建築家・中原一博氏が情報統制の恐怖を語った…
  • チベットの焼身抗議の実態をブログで伝える建築家・中原一博氏が情報統制の恐怖を語った…

「ニュース」のランキング