産経ニュース

【クルマ人】マツダがロータリーエンジン復活へ! 研究開発担当常務執行役員・藤原清志さん「6合目まで到達」「発電機にも…」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【クルマ人】
マツダがロータリーエンジン復活へ! 研究開発担当常務執行役員・藤原清志さん「6合目まで到達」「発電機にも…」

東京モーターショーで世界初公開した「RX-VISION」をアピールするマツダの小飼雅道社長(ロイター)

 今年の東京モーターショーで話題をさらったのは、なんと言っても、マツダが世界初公開したロータリーエンジン搭載のスポーツカー「RX-VISION」だろう。マツダは2012年にロータリーエンジン車の生産を中止したが、その走りから、いまだ復活を望むファンは多い。事実、モーターショーでは「RX-VISION」に黒山の人だかりができた。再び世に送り出す日は来るのか。パワートレイン開発本部長などを歴任し、マツダの快進撃を支える「CX-5」などの新世代商品群の開発を指揮してきた藤原清志常務執行役員(研究開発・コスト革新担当)に、ロータリーエンジンの開発の状況や課題を聞いた。

 --このタイミングでロータリーエンジンのコンセプトカーを出したのは

 「1つは(新世代商品群の成功で)夢を語ってもいいレベルになった。もうひとつは50年前の東京モーターショーで(世界初のロータリーエンジン搭載の量産スポーツカーの)『コスモスポーツ』を持ってきて走らせた。50年の区切りの良さもあって、われわれのビジョンとしてこれを作れるような会社になろうといえたのが今回だ」

このニュースの写真

  • マツダがロータリーエンジン復活へ! 研究開発担当常務執行役員・藤原清志さん「6合目まで到達」「発電機にも…」
  • マツダがロータリーエンジン復活へ! 研究開発担当常務執行役員・藤原清志さん「6合目まで到達」「発電機にも…」
  • マツダがロータリーエンジン復活へ! 研究開発担当常務執行役員・藤原清志さん「6合目まで到達」「発電機にも…」
  • マツダがロータリーエンジン復活へ! 研究開発担当常務執行役員・藤原清志さん「6合目まで到達」「発電機にも…」
  • マツダがロータリーエンジン復活へ! 研究開発担当常務執行役員・藤原清志さん「6合目まで到達」「発電機にも…」
  • マツダがロータリーエンジン復活へ! 研究開発担当常務執行役員・藤原清志さん「6合目まで到達」「発電機にも…」
  • マツダがロータリーエンジン復活へ! 研究開発担当常務執行役員・藤原清志さん「6合目まで到達」「発電機にも…」

「ニュース」のランキング