産経ニュース

【スポーツCatchUp】すそ野拡大へ柔道フェスタ 現役の大野、松本らもひと役買う

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツCatchUp】
すそ野拡大へ柔道フェスタ 現役の大野、松本らもひと役買う

11月1日に開催された全日本柔道連盟の柔道フェスタ2015(全日本柔道連盟のフェイスブックから)

 柔道の国内競技人口が減少の一途をたどる中、全日本柔道連盟(全柔連)が普及活動の一環として兵庫県姫路市で11月1日に「柔道フェスタ2015」を開催した。100人以上の未経験者も体験に申し込み、総勢900人以上の子供たちが参加した一大イベントで、触れ合った五輪金メダリストらは切れ味鋭い技も披露した。

 バルセロナ五輪男子78キロ級金メダルの吉田秀彦氏らとともに、現役からもロンドン五輪女子57キロ級金の松本薫(ベネシード)、今夏の世界選手権覇者の大野将平(旭化成)が参加。質疑では、松本が「昔は休日に1日12時間練習をした」、大野も「打ち込みを1日1000本している」などと強さの秘訣を披露。一方で、子供たちのかける技で投げられたり、笑顔で指導を行うなど、試合とは違う一面を見せた。

 松本は「柔道のおかげでここまできた。こうしたイベントに参加するのは、使命だと思っている」と話し、大野も「小学生のとき、吉田(秀彦)先生が柔道教室に来てくれて、今でも思い出に残っている。自分がそういう立場になった」と振り返った。

「ニュース」のランキング