産経ニュース

【スクリーン雑記帖・予告編つき】「エベレスト3D」で描かれた遭難者の難波康子さん 「彼女が日の丸を立てるシーンが好き」と監督

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スクリーン雑記帖・予告編つき】
「エベレスト3D」で描かれた遭難者の難波康子さん 「彼女が日の丸を立てるシーンが好き」と監督

エベレスト登頂に成功するも遭難してしまう難波康子さん(森尚子)=映画「エベレスト3D」から エベレスト登頂に成功するも遭難してしまう難波康子さん(森尚子)=映画「エベレスト3D」から

 1996年5月、世界最高峰のエベレスト(8848メートル)で8人の登山者が遭難死した実話を映画化した「エベレスト3D」が6日から公開されている。商業登山のパイオニアのロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)率いるツアー隊と、スコット・フィッシャー(ジェイク・ギレンホール)が率いる隊が登頂に挑戦するが、参加者の体調不良や登頂を断念させられないガイドの心理もあり、下山が遅れて嵐に見舞われてしまう。

 エベレスト登山は商業化され、ガイドが顧客を連れて登るツアー隊で山頂付近が大渋滞に巻き込まれてしまうという商業登山の実態も描いており、実に興味深い。

“紅一点”の難波さん

 ホールのツアー隊には当時47歳のOL、難波康子さんも参加していた。遭難事故直前にエベレスト山頂に達し、日本人女性として田部井淳子さん(76)に次ぐ登頂者2人目になった。世界7大陸の最高峰を制覇した日本人女性としても田部井さんに次いで2人目だった。難波さんと同じ隊にいた登山家兼ライターのジョン・クラカワーが事故の詳細を書いたノンフィクション「空へ 悪夢のエヴェレスト」(ヤマケイ文庫)によると、「(難波さんは)頂上を照準に捉えた途端、これまでになく活気づいてきた」という。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「エベレスト3D」で描かれた遭難者の難波康子さん 「彼女が日の丸を立てるシーンが好き」と監督
  • 「エベレスト3D」で描かれた遭難者の難波康子さん 「彼女が日の丸を立てるシーンが好き」と監督
  • 「エベレスト3D」で描かれた遭難者の難波康子さん 「彼女が日の丸を立てるシーンが好き」と監督
  • 「エベレスト3D」で描かれた遭難者の難波康子さん 「彼女が日の丸を立てるシーンが好き」と監督
  • 「エベレスト3D」で描かれた遭難者の難波康子さん 「彼女が日の丸を立てるシーンが好き」と監督

「ニュース」のランキング