産経ニュース

【経済インサイド】苦戦のマック、「昼割メニュー」廃止でまたも批判の嵐 「安くなけりゃ行かね~よ」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
苦戦のマック、「昼割メニュー」廃止でまたも批判の嵐 「安くなけりゃ行かね~よ」

マクドナルドの新メニュー「エッグチーズ」「バーベキューポーク」「ハムレタス」。単品価格はいずれも200円。=10月15日、東京都新宿区

 長らく苦戦が強いられている日本マクドナルド(マック)が、復活に向け経営改革を進めている。10月26日には新メニュー「おてごろマック」や新たな価格体系を導入した。ただ、これと引き換えに平日昼のセット商品の割引を廃止したことで、実質的な値上げに踏み切ったとの見方もあり、消費者からは非難の声もあがる。価格以外で新たな価値を訴えることができないマックにとって、今回の取り組みは勝算があるのか。

                 

 「10年前の『100円マック』の登場以来の大きな変化だ」。10月15日に東京都内で開いた新メニュー発表会でサラ・カサノバ社長は力をこめた。

 日本マクドナルドは、使用期限切れの鶏肉や異物混入の問題で苦戦が続いている。今年8月の既存店の売上高は前年同月比2.8%増と、19カ月ぶりにプラスに転じたが、9月には再びマイナスに転じた。一方、客数は9月まで29カ月連続の前年割れが続いており、改善の兆しは一向に見えていない。

このニュースの写真

  • 苦戦のマック、「昼割メニュー」廃止でまたも批判の嵐 「安くなけりゃ行かね~よ」

「ニュース」のランキング