産経ニュース

【ビジネス解読】韓国版ブラックフライデーを知っていますか? 景気浮揚を狙った官製バーゲン でも怪しげな価格設定に不満噴出…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
韓国版ブラックフライデーを知っていますか? 景気浮揚を狙った官製バーゲン でも怪しげな価格設定に不満噴出…

現地で報じられた「韓国版ブラックフライデー」の模様(youtubeより)

急増セールのメッキはげ

 在庫一掃セールの側面も持つ北米のブラックフライデーでは、最大90%近い割引もなされる。韓国政府も流通各社にできるだけ高い値引を呼びかけた。ただ、流通業界では季節ごとのセールを視野に、割引できる目玉商品を遅くとも3~4カ月前から仕入れにかかるのが通例だ。準備期間わずか2カ月足らずとあって、韓国政府は期間中、一部の規制を緩和した。

 その一つが、実勢価格より割高な値段を表示し、割引率を大きく見せる「不当表示広告」を禁じた規制の緩和だ。流通事業者の要請を受けた措置だが、韓国版ブラックフライデーの期間は、消費者が首をかしげる価格設定が横行した。

 連合ニュースによると、政府が要望した高い割引率が適用された商品は、「ごく一部の店舗の一部の品目だけ」にとどまった。大型スーパーの割引商品も全体10%程度の割引にとどまり、残りの大半は通常価格の販売だった。

 また、オ・ヨンシク国会議員の指摘として、「定価172万ウォン(約18万円)のところを96万ウォン(約10万円)」として販売されていた液晶テレビが、ネット通販では78万ウォン(約8万円)で販売されていたなどの事例を報じた。

このニュースの写真

  • 韓国版ブラックフライデーを知っていますか? 景気浮揚を狙った官製バーゲン でも怪しげな価格設定に不満噴出…

「ニュース」のランキング