産経ニュース

【国際情勢分析】中国企業グループ、F1運営組織にも触手 買収に向け1800億円を準備

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【国際情勢分析】
中国企業グループ、F1運営組織にも触手 買収に向け1800億円を準備

2004年9月25日、中国で初めて開催されたF1レースの予選走行に詰め掛けたファン。あれから11年、中国の企業グループによるF1運営会社の買収計画参画が報じられた=上海インターナショナル・サーキット(ロイター) 2004年9月25日、中国で初めて開催されたF1レースの予選走行に詰め掛けたファン。あれから11年、中国の企業グループによるF1運営会社の買収計画参画が報じられた=上海インターナショナル・サーキット(ロイター)

 近年、欧州のサッカークラブの買収が目立っている中国企業が、新たなスポーツ界でのターゲットを見つけたようだ。中国メディアなどによると、中国の投資基金や複数の企業グループが、世界最高峰の自動車レース、フォーミュラ・ワン(F1)を運営する「フォーミュラワン・グループ」の買収計画への参画を検討していることがこのほど、明らかになった。

共同計画に1800億円準備

 買収計画への参画を検討しているのは、中国の大手投資ファンドの華人文化産業投資基金(CMC)と、傘下の復興集団、万達集団など複数の企業グループ。CMCは、買収計画を主導している米NFLのチーム「マイアミ・ドルフィンズ」のオーナーであるステファン・ロス氏(75)の誘いに応じ、15億ドル(約1800億円)を準備していると伝えられた。ロス氏は、総額85億ドルでの買収を提案しているとされる。

 ロス氏は当初、フランスの名門サッカークラブ、パリ・サンジェルマンを所有する中東カタールのカタール・スポーツ・インベストメンツ(QSI)の支援を受けて計画を進めていたとされるが、現在、QSIは計画から除外されかけていると報じられている。

続きを読む

「ニュース」のランキング