産経ニュース

【スゴ技ニッポン】CO2排出6割削減 日本初の蓄電池駆動電車「EV-E301系」 栃木の線路を快走中

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スゴ技ニッポン】
CO2排出6割削減 日本初の蓄電池駆動電車「EV-E301系」 栃木の線路を快走中

JR東日本の蓄電池駆動電車「EV-E301系」 JR東日本の蓄電池駆動電車「EV-E301系」

 日本の鉄道の総延長約2万キロのうち、電車が走れる区間は約6割。残りは電気を使わないディーゼルカー(気動車)が主役だが、JR東日本は“非電化区間も走れる電車”を昨年導入した。それが、栃木県内の烏山線(宝積寺-烏山)を走る日本初の蓄電池駆動電車「EV-E301系」。大容量のリチウムイオン電池を使って走る仕組みで、CO2(二酸化炭素)排出量を従来の気動車より約60%削減できるだけでなく、メンテナンスの手間も少ない。将来は非電化ローカル線の主力に育つ可能性を秘めている。

バッテリーの高性能化で実現

 「蓄電池(バッテリー)にためた電気で電車を走らせるという、アイデア自体は新しくない」と解説するのは、JR東日本車両技術センターの担当者。ただ、重い車両を動かすのに十分な性能を持つバッテリーが存在しなかった。

 しかし近年、ハイブリッド自動車や家庭用蓄電池の普及に伴って、従来より小型で蓄電容量が大きいバッテリーを調達できるようになり、鉄道車両に活用する上で追い風となっている。

続きを読む

このニュースの写真

  • CO2排出6割削減 日本初の蓄電池駆動電車「EV-E301系」 栃木の線路を快走中
  • CO2排出6割削減 日本初の蓄電池駆動電車「EV-E301系」 栃木の線路を快走中

「ニュース」のランキング