産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】中国というフランケンシュタインを造ったニクソン&ヴォルデモートの魔力を授けたオバマ…米大統領の対中大錯誤

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
中国というフランケンシュタインを造ったニクソン&ヴォルデモートの魔力を授けたオバマ…米大統領の対中大錯誤

 一神教では創造主が宇宙や人間を造ったとするが、中国と中国人は例外の可能性も有る。神は邪悪な国家・民族を造らぬ…と言っているのではない。中国の「創造主」は米国だと、リチャード・ニクソン米大統領(1913~94年)は晩年、米紙の保守系コラムニストだったウィリアム・サファイア氏(1929~2009年)に漏らしている。

 「われわれは(中国という)フランケンシュタインを造ってしまったかもしれない」

お花畑の「関与政策」

 ソ連との対立は、ニクソン氏を積極的な対中支援へと誘った。以来、米大統領は8代にわたり、強弱は有るものの中国経済発展→中国社会変質→民主化…なる方程式を思い描き、お花畑のごとき《関与政策》を採り続け、中国の軍事・経済力の怪物化に手を貸してきた。理想主義者を気取る非現実主義者のバラク・オバマ大統領(54)に至っては中国を甘やかし過ぎて「強大な魔力」まで授けた。米国防総省の一部官僚・軍人は今、中国を「ヴォルデモート」と隠語で呼ぶ。ヴォルデモートは小説・映画の人気シリーズ《ハリー・ポッター》に出てくる魔法使いで主人公最大の強敵。「名前を呼んではいけない例のあの人」と、恐怖のあまり実名をはばかるほど邪悪な魔術を使う。米国はフランケンシュタインとハリー・ポッターという英国生まれの小説に、要らざる「加筆」をした。

「ニュース」のランキング