産経ニュース

【赤字のお仕事】「霞が関ビル」「東京ドーム」「電話帳」… 例えに使う「もの」の変遷と思わぬ落とし穴

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【赤字のお仕事】
「霞が関ビル」「東京ドーム」「電話帳」… 例えに使う「もの」の変遷と思わぬ落とし穴

 以前は自らの怪力を誇示するためのパフォーマンスとして電話帳を破るというのがありましたが、先日わが家に届いた電話帳(タウンページ)は432ページで、厚さは1センチを超えるくらいのものでした。時刻表は1100ページ強ですのでその半分もありません。この厚さのものを破ったところで怪力がアピールできるのか、今ではちょっと疑問です。

 最後に今回のコラム、「立方メートル」を「立法メートル」としているところが1カ所あったことに気付かれましたか?(書き出しから2段落目「東京ドーム4杯分強となる…」の部分です)。数字に気をとられてこのような変換ミスや「万」などの単位の取り違えを見逃してしまうこともあるので、校閲を含め記者はくれぐれも注意が必要です。(な) 

「ニュース」のランキング