産経ニュース

【トレンド日本】「フロリダ」「KSNM」「ウーロン茶」ってどういう意味? ネット造語最前線を探ると…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【トレンド日本】
「フロリダ」「KSNM」「ウーロン茶」ってどういう意味? ネット造語最前線を探ると…

 新しい言葉が流行するメカニズムは、次のようなものだという。

 たとえば、ある高校生のグループが「フロリダ」という言葉を使い始めたとする。途中で飽きて使わなくなる。大学へ進学したり、就職したりして、徐々にその言葉を使わなくなっていくこともある。しかし、その言葉の面白さに魅力を感じた後輩が、自分の仲間内で使い始めていたら-。

 こうした動きが繰り返されて、新しい言葉は世の中に拡散していく。

 途中で廃れ、消えていく言葉もあれば、世代を超えて長生きしている言葉も少なくない。「とても◯◯」を「超(ちょー)◯◯」と言い換える表現は、地域をも越えて拡散した好例だろう。

 小矢野教授は「私だって、生活の中で『めっちゃ◯◯』という言葉遣いをすることもある。言葉は常に動いていくものだ。当初は若者しか使っていなかったとしても、使い勝手の良さ次第では、生き残っていく」と話している。

「ニュース」のランキング