産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】韓国・済州島に「慰安婦像」 日本史捏造でも、消し去れぬ島の数万人虐殺史

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
韓国・済州島に「慰安婦像」 日本史捏造でも、消し去れぬ島の数万人虐殺史

朝鮮民族特有の「火病」

 済州島事件も、火病の側面ナシとは言い切れない。48年に入り、米陸軍司令部軍政庁が軍政を敷く南朝鮮は単独政権樹立に向け、共産主義の北朝鮮抜きで代議員選挙を決める。だが選挙の前後、済州島でも、北朝鮮の細胞や細胞に扇動された共産主義派島民が武装蜂起したため、警察や南朝鮮派民間人、《警備隊=後の韓国陸軍》が鎮圧する。ところが、共産主義派は山岳部に潜伏してゲリラ戦で対抗し、韓国独立=李承晩政権になっても山狩りが続く。朝鮮戦争開戦後も惨劇は治まらず、共産主義に同調する?島民の処刑・粛清も続発。結局、勃発~完全掃討まで6年半近く要した。

 いずれの大量殺戮事件でも、理由も分からず人を殺した者が少なくない。特に済州島事件のエスカレートぶりは筆頭格で、火病を想起させる。赤色テロを敢行する共産主義派におびえる南朝鮮派VS報復や反共を理由とする白色テロにおびえる共産主義派の、双方の《切迫した死への恐怖》は《パニック》→《生存本能が込み上げる》と、火病の症状をたどったかもしれない。

このニュースの写真

  • 韓国・済州島に「慰安婦像」 日本史捏造でも、消し去れぬ島の数万人虐殺史

「ニュース」のランキング