産経ニュース

【共産・志位委員長会見】(1)「国民連合政府「本気で日本の政治を立て直す」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【共産・志位委員長会見】
(1)「国民連合政府「本気で日本の政治を立て直す」

記者会見する共産党の志位委員長=15日午後、東京・有楽町の日本外国特派員協会

 共産党の志位和夫委員長が15日、都内の日本外国特派員協会で記者会見し、同党が提案している安全保障関連法廃止で一致した野党による連立政権「国民連合政府」の意図を説明した。連立政権が実現した場合、党綱領で廃棄を明記している日米安保条約は現行のまま維持し、自衛隊についても活用する考えを示した。会見の詳報は次の通り。

 「9月19日未明に安倍晋三政権、与党が安全保障法、戦争法を強行した。共産党は同日午後、第4回中央委員会総会を開催し、戦争法廃止の国民連合政府の提案を決定した。提案は3つの柱からなっている。第1は、戦争法廃止、安倍政権打倒の戦いをさらに発展させようとの戦いの呼び掛けだ。第2は、戦争法廃止で一致する政党、団体、個人が共同して国民連合政府を作ろうという政府の提唱だ。第3は、戦争法廃止の国民連合政府で一致する野党が国政選挙で選挙協力を行おうという呼び掛けだ」

 「すでに提案は大きな反響を呼んでいる。私たちはこの提案をもって各界各分野との懇談を続けているが、これまでにない広範な方々から賛同、激励の声が寄せられていることは大変うれしいことだ。最近のJNNの世論調査では、共産党呼び掛けの選挙協力に37%が期待すると答えている。野党は協力をという声が一つの流れになりつつある。これを文字通りの国民的な流れにしていくことが、提案を実現していく最大のカギだ。そのためにあらゆる努力を続けたいと決意している」

「ニュース」のランキング