産経ニュース

【満州文化物語(8)】芥川賞作家・清岡卓行と、自死した後輩 戦争で失われた「故郷」への“強い想い”とは… 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【満州文化物語(8)】
芥川賞作家・清岡卓行と、自死した後輩 戦争で失われた「故郷」への“強い想い”とは… 

芥川賞作家で詩人の清岡卓行 芥川賞作家で詩人の清岡卓行

前のニュース

芥川賞作に大連の想い

 《大連の五月は…こんなに素晴らしいものであったのかと、幼年時代や少年時代には意識しなかったその美しさに、彼はほとんど驚いていた》

 前回、旧制旅順高のくだりで紹介した作家で詩人の清岡卓行(たかゆき=平成18年、83歳で死去)。芥川賞受賞作『アカシヤの大連』(昭和44年下期)には外国からの租借地を故郷とする矛盾に苦悩しつつも、大連への迸(ほとばし)る郷愁が綴(つづ)られている。

 清岡は大正11(1922)年、日本統治時代の大連に生まれた。父親は満鉄技師。大連一中(旧制)から昭和15(1940)年に新設された旅順高(旧制・関東州)の1回生として入学するも、わずか3カ月で退学、フランス文学を本格的にやりたくて一高(同・東京)を受け直す。旧制高校でフランス語を第一外国語とする「文丙(ぶんぺい)」クラスがあった学校は一高など、わずかしかなかった。

 一高から東京帝大仏文科に進んだ清岡は昭和20年春、約10万人が一晩で犠牲になった東京大空襲の直後、戦争から逃れるようにして大連へ舞い戻っている。日本近海の制海権は既に米軍に奪われつつあり、危険を賭(と)しての帰郷だったが、大連は拍子抜けするほど戦争の影がなく、食料や酒も豊富な「別天地」。清岡は実家で昼ごろ起き、散歩や読書、レコード鑑賞三昧の暮らしを送る。

僕にはもう故郷がない

 終戦前の清岡の帰郷には同行者がいた。大連一中-一高を通じた後輩、原口統三(はらぐちとうぞう)である。満州の奉天(現中国・瀋陽)や大連で少年時代を過ごした原口も、この満州の地に、強い想(おも)いを抱き続けていた。

続きを読む

満州文化物語のニュース

このニュースの写真

  • 【満州文化物語(1)】ハイグレードな日本人の暮らし…水戸黄門「格さん」一家3代の夢
  • 【満州文化物語(1)】ハイグレードな日本人の暮らし…水戸黄門「格さん」一家3代の夢
  • 【満州文化物語(1)】ハイグレードな日本人の暮らし…水戸黄門「格さん」一家3代の夢

「ニュース」のランキング