産経ニュース

【九州「正論」懇話会詳報】ケント・ギルバート氏「日本は天皇陛下が残ったことでまとまることができたが、米国が植え付けた自虐史観がなお…」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【九州「正論」懇話会詳報】
ケント・ギルバート氏「日本は天皇陛下が残ったことでまとまることができたが、米国が植え付けた自虐史観がなお…」

【九州「正論」懇話会】講演を行うケント・ギルバート氏=福岡県・西鉄グランドホテル(撮影・中川春佳)

 米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏は、8日の九州「正論」懇話会で、「日本は米国から信頼されている」と強調した。講演詳報は次の通り。

 私はもともと、米国に進出する日本企業の法律相談をしようと思っていましたが、テレビに出て脱線してしまいました。でも、講演会や活字などの媒体を通して、みなさんと会話ができるのは何よりも楽しいですね。

 日本に来る前に、日本に住んだことのある友達にアドバイスを求めました。「日本は米国と考え方や習慣が正反対だ。それをおかしいと思うのではなく、好奇心を持って楽しんだ方がよい」。そう言われてやってきました。国際法律事務所に就職してから35年。東京に住んでいますが、日本の方と一緒にいるのは楽しい。東京には刺激もあります。

 日本のどこが素晴らしいか、いろんな観点からお話できます。

 歴史的に日本はとても恵まれているんです。数千年前からの世界地図をみると、(国の領土は)大きくなったり小さくなったりするが、日本だけが変わらずその場所にある。侵略されることもなく、自分たちだけで細かく文化を練ってつくることができたのは幸せだと思います。仏教や漢字などを中国からもらって、日本的に手直しし、もっとよいものにして使いこなす。これが日本の文化なんですね。

このニュースの写真

  • ケント・ギルバート氏「日本は天皇陛下が残ったことでまとまることができたが、米国が植え付けた自虐史観がなお…」
  • ケント・ギルバート氏「日本は天皇陛下が残ったことでまとまることができたが、米国が植え付けた自虐史観がなお…」
  • ケント・ギルバート氏「日本は天皇陛下が残ったことでまとまることができたが、米国が植え付けた自虐史観がなお…」

「ニュース」のランキング