産経ニュース

自民・稲田政調会長「真のチャンピオンは倒れても立ち上がる人」 米シンクタンクで講演(全文)

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


自民・稲田政調会長「真のチャンピオンは倒れても立ち上がる人」 米シンクタンクで講演(全文)

9月30日、米ワシントンのシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)で講演する稲田朋美政調会長(加納宏幸撮影)

 「クールジャパンの使命は何かというと、技術や細部にこだわる日本人の国民性を駆使し、世界の課題をクリエーティブに解決することだと思っています。クールジャパンはそれぞれの個人が考える日本の良さを発信する運動でもあります」

 「私の地元、福井は有名なメガネの産地です。私がクールジャパン戦略担当相に任命されてからまず行ったのは、メガネをかけることでした。私は視力がよいのですが、地元の特産品を宣伝するために、洋服に合わせるアクセサリーとしてメガネをかけるようにしています。17本のメガネを持っていますし、メガネのベストドレッサー賞もいただきました」

 「もう1つの課題は青少年の交流、とりわけ韓国や中国といった近隣諸国との青少年交流を強化し、将来の世代間の絆を強化することです。若者はソーシャルメディアを通じてさまざまな情報に接しています。その中で、人々は世界で起こっていることに大きな関心を持つようになる半面、事実に基づかない情報、偏ったイメージに基づく誤解も増えているのではないでしょうか。日本に来た中国、韓国の留学生の9割が日本に好印象を持って母国に帰るという調査結果もあります」

 「人々の直接の接触を通じて感動を共有することができ、それが相互理解、相互信頼につながる。未来を担う青少年の交流を一層促進していきたいと思っています。日米間では、多くの米国の若者が英語の教師として日本に滞在するJETプログラムが相互理解に大きな功績を残しています。こういった青少年をはじめとする交流を続けることで、日本と中国、韓国との間の困難な問題も解決することができると確信しています」

「ニュース」のランキング